katz模型制作室

アクセスカウンタ

zoom RSS ホワイトナイト パイロットフィギュア製作

<<   作成日時 : 2015/07/14 01:32   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

パイロットの位置変更に合わせて、シートも前方に移動させました。




画像

シートを前方に移動するとヘッドレスト脇のフレームが邪魔でフェイスガードが閉まらなくなってしまいます。
ヘッドレスト上部でフレームを切り離して曲げて接着してあります。




画像

ヘルメットのパーツをエポキシパテで複製してオープン状態にしてみました。

おゆまるで型取りした後、まず頭頂部のパーツにエポキシパテを詰めて複製、フチをヤスリで仕上げて型に戻し、離型剤のメンタムを塗ってからマスクのパーツを複製して成形、最後にほほのパーツを複製、と3段階に分けての複製です。

キット付属フィギュアの原型製作者であるサイトウヒールさんの作品を参考にしました。





画像

バイザーオープンで固定にすると機体のフェイスガードが閉まらなくなるので、スプリングでの接続にしてみました。





画像

フェイスガードを閉じると、上から押さえられて、こんな感じに縮みます。




画像

一番上のバイザー以外は固定です。





画像

バイザーをスプリング可動にしただけではフェイスガードが完全には閉まらないので、干渉するパーツをくり抜いてエポキシパテとプラ板で加工しました。




画像

各部の調整でピッタリ閉まる様にはなりましたが、手を放すとスプリングの力で開いてしまいます。

そこでネオジム磁石でくっつける事にしました。 胸のパーツに穴を開けてダイソー磁石を埋め込み、黒い瞬着で隙間を埋めてあります。




画像

フェイスガード側には2ミリ×2ミリのネオジム磁石2個を接着しました。

磁石を埋め込みたい箇所にエポキシパテを詰めておき、反対側の磁石に埋め込む磁石を着けたままでムニュッっと押し付けます。

その際、塗膜の厚みを考えて磁石と磁石の間には薄いプラ板を挟みこみ、後で抜き取りました。




画像

フェイスガードのヒンジ部分です。

何度も開け閉めしているうちに緩くなってしまったので、ここにも磁石を仕込む事にしました。

まず、ドリルで2ミリの穴を開けます。






画像

そこに2ミリ×2ミリのネオジム磁石を仕込みます。

胴体側はリューターで削りました。



画像

胴体側に埋め込んだ磁石は黒い瞬間接着剤で固定し、ヤスリで仕上げてあります。





画像

ヒンジ側の磁石も黒い瞬間接着剤で固定。

強度が弱くなるので磁石を仕込んだのは片側だけです。



画像

現在こんな感じです。

ヒンジに仕込んだ磁石のおかげでフェイスガードが落ちてこなくなりました(^ ^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホワイトナイト パイロットフィギュア製作 katz模型制作室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる